真夜中のクズヂカラ

29歳サラリーマンがリアルに興味のあることについて書いていきます。

【初心者ブロガー】Googleアドセンス申請に挑戦!

f:id:lily333:20180508215605j:plain

 

ゴールデンウィーク中に体重が2kg増えました。リリィ(@Lily___funky)です。

 

体重は増えましたが、ただ飯食ってたわけじゃないんです。ブログを始めて早2ヶ月、いよいよGoogleアドセンスの申請を行いました!

 

申請の作業は事前準備も含めて半日程度でなんとか終えることができました。ただ、肝心の審査結果がなかなか来ないので、GWを楽しみながらもなんだかソワソワ。長い人では1ヶ月くらい待つこともあるみたいです。

 

アドセンス審査中もどんどんブログ記事を増やした方が良いとの情報もあったので、記事を書きまくろう!ということで、ブログ初心者が四苦八苦しながら行ったアドセンス申請の一部始終をご紹介します。

 

グーグルアドセンスは審査基準が年々厳しくなっているようで、合格のために必要な作業が増えています。これを読んでもらえれば、アドセンス申請はバッチリです!(僕は実際にできたのでなんとかなるはず!)

 

 

1.アドセンス申請手順

アドセンスはどんなブログでもすぐに申請できるわけではありません。最低限、申請するために必要な条件は独自ドメインのブログであることです。はてなブログなど無料のブログは、「〇〇〇.hatenablog.com」のようにドメインの末尾にそのブログの名前が入っており、この状態ではアドセンスに申請することができません。

 

そして、審査を通過するためにはGoogleAdsenseのプログラムポリシーを遵守していることも重要です。

 

プログラムポリシー...何のことやら?という方も安心してください。すべてを理解しなくても、申請する上で必要なポイントだけ分かれば全然大丈夫です。全くの初心者の僕も、いろんな先輩ブログを参考にして申請ができました。申請までの流れは次の通りです。

 

申請までの手順(はてなブログの場合)

①はてなブログProへの移行

②独自ドメインの取得

③プログラムポリシーへの対応

④アドセンス申請

 

アドセンス申請するまでに事前準備の作業がいくつかあります。準備さえ整えば申請自体は非常に簡単です。この準備作業は、今後ブログを運営していく上でいつかはやることになる可能性が高いので、早めにやっておいて損はないと思います。

 

合格の基準は?

気になる合格の基準ですが、ネット上でさまざまな情報が飛び交っており、どれを信じたら良いか分からない状況となっています。いろいろな情報を総合した結果、これならば合格できるだろうという基準は以下の通りです。

 

・記事数は30以上

・1記事当たりの文字数は1000字以上

・読者目線に立った情報提供をしている

 

記事数や文字数は「合格しやすくするための基準」であって、合格の最低基準ではありません。実際に数記事書いただけで合格する人もいるようです。大切なのはブログが読者にとって有益な内容かどうかです。単純に多く書けば良いのではなく、情報の網羅性や正確性、読みやすさなどを意識して書いていなければ合格は難しそうです。

 

申請時点のブログ状況

申請時点でのこのブログの状況はこんな感じです。

・記事数 12

・文字数 1000〜3000字

 

記事数は合格の目安からすると少ないです。文字数については特に問題ないレベルだと思います。これだけ見るとまだ申請は早かったかな?と思いつつ、早くアドセンスを導入したくて我慢できませんでした(笑)

 

ここからは、実際の作業のやり方を説明していきます。

 

2.はてなブログProへの移行

 Proへの移行の目的は「独自ドメインの設定」です。アドセンスの申請には独自ドメインのブログが必要です。はてなProに移行することで自分のはてなブログに独自ドメインを設定することが可能になります。

 

手続きはとても簡単です。はてなブログのダッシュボードから「Pro版にアップグレード」を選んで移行するだけです。1ヶ月コース、1年コース、2年コースを選択できます。(最初の30日間は無料)

 

Proへ移行したらできること

Proへ移行すると独自ドメインの設定をはじめとした、無料版ではできなかったさまざまなことができるようになります。

hatenablog.com

 

たくさん書かれていますが、主なメリットは

 

・独自ドメインの設定

・はてなの広告とキーワードリンクを外せる

・スマホカスタマイズができる

 

の3つです。アドセンスの申請のためには、Proに移行して独自ドメインの設定ができるようにしないと話が始まらないので、サクッと移行してしまいましょう。

 

3.独自ドメイン取得

ドメインとはインターネット上の住所のようなものです。これを取得するためには、ドメインを販売しているサイトから購入する必要があります。

 

お名前.comでドメイン取得

独自ドメインを購入できるサイトはたくさんありますが、最大手のお名前.comにしておけば間違いないと思います。

 

 

 .comや.jpなど人気のドメインでも年間1000円ちょっとで取得できます。独自ドメインの取得から設定までは、はてなブログの公式情報を参考にしました。

blog.hatenablog.com

 

4.プログラムポリシーへの対応

Googleアドセンスの導入にあたって、サイト運営者が守るべきポリシーが明示されています。これらに違反するサイトはアドセンスの審査に通りません。自分のサイトをポリシーに照らし合わせて、問題のある箇所は改善する必要があります。

support.google.com

 

いろんなことが書かれていて、「?」となってしまいますが、大まかには以下のことに気をつけていれば大丈夫です。

 

プライバシーポリシーは必須

プライバシーポリシーは必ず設置しなければなりません。アドセンスのヘルプの「必須コンテンツ」に記載があります。

support.google.com

 

プライバシーポリシーなんて自分で作れるかー!と思われるかもしれませんが、無料でテンプレートを公開されているブログがたくさんあるのでご安心を。僕もテンプレートをコピペして自分のブログに合わせて多少修正しながら作成しました。

 

プライバシーポリシーのブログへの設置方法はこちらを参考にさせていただきました。

www.mukuxmuku.xyz

 

著作権侵害の確認

画像や動画など他人の著作物を勝手に使用しているブログはアウトです。特に画像は、アイキャッチ画像などで使用することも多いと思いますが、著作権侵害がないかきちんと確認しておきましょう。画像を使用する際は、フリー素材を使用するなどしっかりと対策をしましょう。

 

コンテンツの内容

アダルト、暴力的な表現などの不適切な内容が含まれるブログは審査に通らないようです。そういった内容を含む記事を書いていないか、今一度確認しましょう。

 

5.審査に通りやすくするためには

プライバシーポリシーのように必須ではないですが、多くのブログで推奨されていたのが、「お問い合わせフォームの作成」「サイトマップの登録」です。僕は申請後に知ったため、慌てて作業を行いました。

 

お問い合わせフォームの作成

お問い合わせフォームは意外と簡単に作れます。僕はGoogleのサービスであるGoogleフォームで作成しました。作り方はこちらを参考にさせていただきました。

www.mutant-tetsu.com

 

サイトマップの登録

サイトマップとはブログの構成を表すものです。ここでいうサイトマップとは、自分のブログに表示するものではなく、Googleの検索エンジン向けのサイトマップのことです。

 

検索エンジン向けのサイトマップはGoogleサーチコンソールで登録します。サイトマップを登録すると、検索エンジンに表示されやすくなるというメリットがあります。やり方についてはこのブログを参考にさせていただきました。

fudeko.net

 

6.アドセンスの申請方法

 さあ、いよいよアドセンスの申請です。ここまで大変でしたね。

 

準備ができてしまえば、申請自体はとても簡単です。申請についてはこちらのブログを見ながら行いました。tetsu さん様々でございます。

www.mutant-tetsu.com

 

アドセンスの審査には時間が掛かるケースがあるようです。早く審査が完了するためにはブログの質を高め続けることが大切です。審査中も気を抜かずにブログ運営をさらに頑張らないといけないですね!

 

7.まとめ

ブログ歴2ヶ月、記事数12個というブログ初心者の僕でも先輩ブロガーのお力を借りてなんとかアドセンス申請を無事終えることができました。

 

ちなみに、この記事の作成中になんとアドセンス審査通過のメールが届きました!これでこの記事に書いた内容が間違っていなかったことが証明できホッとしました。

 

アドセンスの審査に合格したことで自分のブログが認められたような気がしてとてもうれしかったです。これからもブログを頑張っていくためのモチベーションになりました。今度は審査通過後の振り返りと広告の設置について記事を書きたいと思います。

 

アドセンスの広告が設置できるということで、ようやくブログの収益化に本格的に取り組めます。これからますます頑張るぞー!

 

ではでは〜